鶴見川日記


<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧



●「私の男」(桜庭一樹著、2007年、文藝春秋)●

私の男
桜庭 一樹 / / 文藝春秋
ISBN : 4163264302
満足度: ★★★★

昨日発売の週刊文春で阿川佐和子さんとの対談で出てて、
「近親相姦は少女を書いてきた作家の集大成じゃないかと思ったんです」
と発言されており、ああそうかなるほど、と納得。

舞台が北海道なのと、何か欠落した女性が主人公なのとで
桐野夏生の「柔らかな頬」をなんとなく連想させながら読んだ。
足立区の安アパートやオホーツク沿岸の寒い町、奥尻島とか、それぞれの
土地の空気の描写がうまい方だなあと。
「赤朽葉家の伝説」の鳥取もそうだけど、日本の風土性への
着目が優れた人なのかと思った。

すべてを投げ出してまで身をささげたい「年上の」「おとうさんみたいな」男と
いうものに縁がないので感情移入はできませんでしたが
普通に物語にのめりこんで読みました。
[PR]
by chocciu | 2008-02-15 01:24 | 読書


●「みなさん、さようなら」久保寺健彦著、2007年、幻冬舎●

みなさん、さようなら
久保寺 健彦 / / 幻冬舎
ISBN : 4344014154
満足度: ★★★

第1回パピルス新人賞受賞作。

私は幼少時、当時日本有数の規模といわれた木曽山崎団地の近くで
暮らしていて、クラスの子はみんな団地っ子(私自身はその中に混ぜて
もらってるって感じで、一軒家組だったが)だったので、団地ライフは
かなり身近であった。

当時、団地内の広場は、遊ぶのにも場所取りで大変だった。
が、大人になってから懐かしくなって訪ねてみたら、休日にもかかわらず
外に出て遊んでいる子どもがほとんどいなくて、ああ子どもが減ったのかと
感傷に浸った覚えがある。

そんなわけで、この本で描かれる団地ライフ──コミセンとか、ケーキ屋・
タイジロンヌとか、動物のオブジェの公園とか、団地の雰囲気ってあーそうそう、
そーなんだよと、個人的につぼを押されました。

「団地から一歩も出ない男」の設定だけでなんかもうツカミはOKというか、
面白いのだけれど、その謎が明かされ、かつ小学校の同級生たちが
どんどん団地を去っていく様子など、読み進むにつれ切なさを誘う。

あと、こないだの芥川賞選評で、池澤夏樹さんだったっけか、
最近の小説は男と女が寝そうで寝ない、そんな話ばっかり、みたいな
ことを嘆きがちに仰せられていたが、この小説は逆で、主人公の男は
かなり「オトコ」、マッチョだし、かなりアタマん中は「女とやりたーい」みたいな、
古典的なスケベなんだけどかえってそれが健全な印象。
[PR]
by chocciu | 2008-02-14 00:40 | 読書

    

33歳女、編集業者による日記です.
by chocciu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
プロフィール
34歳、女、旦那と2人暮らし、神奈川県在住、仕事は編集、夢は印税生活。

スキ:散歩、漫画だらだら読み、カウリスマキ、是枝裕和、高村薫、西原理恵子、国内ぶらり旅、鶴見川チャリ。

キライ:ほうれん草のごまあえ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧