鶴見川日記


<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧



独身最後の日曜日。

だというのに
夕方までは仲良しだったのに
急降下の大喧嘩。
まだ婚姻届も書いてないよ。


♪ところで♪
「CHICAGO」が15年ぶりにアルバム出したそーだ。
あたし、

っとじゃまが入ったのでまたあした
[PR]
by chocciu | 2006-04-30 22:58 | 独身女


職場の結婚報告

うちは30代~50代独身女性ばかりという職場である。
私自身は意識していないつもりでいたが
やはりそこで結婚報告すると怖いことがわかった。
経理の人には露骨にいやな顔をされた。

職場では私も周りもめでたくもなんともない。
なぜこんな憂鬱な気分にならにゃいかんのだと思う。

まーいいや。人は人。なんだけど。
[PR]
by chocciu | 2006-04-30 01:06 | 独身女


結婚

上司に結婚しますと報告した。
「やめないでよ」といわれた。
[PR]
by chocciu | 2006-04-28 00:33 | 独身女


くだらん夢みた

今朝見た夢。

なんか、3人ぐらいの仲間と刑務所脱走を図って成功するの。

兄貴分みたいな人がいて、最初そのアニキが脱走やる気なくて
私たち2人はがっかりしてたんだけど、アニキが立ち上がってくれて、
ついに塀の外へ!
アニキの後についていくと、刑務所を出てすぐのとこに
港があって、アニキの弟が船で待っててくれたの。

3人で船に乗って、ほっとしたところで、アニキが
自由になった記念に何でも弟に言いつけていいよ、というので、私は、

「なめろうください」

と言ったの。
そしたら弟、まないたの上にヒカリモノの魚と味噌とねぎをおいて
たたいて、なめろう作ってくれた。

ただの飲み屋の注文じゃん。
[PR]
by chocciu | 2006-04-25 22:29 | 独身女


IRON CHEF AMERICA

今、アイロンかけながら何気なしにテレビみてたら
IRON CHEF AMERICA」をやっていた。
「料理の鉄人」のアメリカ人版。
今回のテーマはパイ生地だったみたいだけど、、

なんか、ごてごてしすぎというか、
材料過多な感じだった。
素材の旨みを引き立たせるというより、
あれも入れちゃえこれも入れちゃえみたいな。

見た目が派手だからってモッツアレラチーズを風船みたいに膨らましたりしなくても。。。

うーん
アメリカ人たら。
あんまおいしそうじゃなかった。
[PR]
by chocciu | 2006-04-25 01:04 | 独身女


●「無名」(沢木耕太郎著、2006年、幻冬舎)●

無名
沢木 耕太郎 / 幻冬舎
ISBN : 4344003853
満足度: ★★★


死の床にある父の看病を通して綴られる息子の心情。
有名人の父とはいえ、他人にはまさに「無名」の人物について他人に読ませるには
相当の才能が必要だと思われるが、さすが沢木耕太郎である。
朴訥な父の人となり、微妙な距離感を保つ父子の関係がしみじみ、
その情景が浮かんでくるように伝わってきた。
そして、親を看取るとはどういうことか、普段考えないようにしている感情と
少し向き合ってみようかな、ちょっと早いけど、と思わせられる一冊であった。

沢木耕太郎は、しみじみいい一文が随所にあるのだが、本作もあった。
例えば、幼い頃の思い出・・・遠い記憶の方が鮮明に思い出される、というくだり。
なるほど、その通りだ。
父子で「遠い太鼓」という映画を観る前のニュースのエピソードなど、とてもよい。

それから、初めて父の書いた短い随筆を読んで、息子が驚くくだり。
まだ自分がものを書く仕事をする前の頃の文章なのに、
自分に文章のリズムが似ている、ということに沢木耕太郎は驚く。
短い随筆だが、なるほど、沢木耕太郎の書き方に似ているのである。

しみじみ、という言葉がぴったり、
しみじみしながら読んだ今日の通勤電車でした。
[PR]
by chocciu | 2006-04-21 23:54 | 読書


●「ダーク」上・下巻(桐野夏生著、講談社)

ダーク (上)(下)
桐野 夏生 / 講談社
ISBN : 4062753855
満足度: ★★★


先日、栃木の某市に出張したのですよ。一泊で。
知り合いもいない、土地勘もない、一人で入れそうな飲み屋もなかったので
往復6時間、ホテル滞在の数時間で上下巻、読みきっちゃいましたよ。
「ダーク」読むだけの旅って感じでしたな。

村野ミロものシリーズですが、相変わらず緊張感ぴりぴりな物語で。
ミロは主人公でありながら、だまされて失敗して悔やんだり、開き直ったりする、
それが本シリーズの特徴だったように思う。
ヒロインなのに精神的に脆いっつう。
今回のこれは、その度合がより強く、読んでいていたたまれなくなってしまう。

私はこのシリーズでは、番外編らしい「水の眠り 灰の夢」を一番先に読んで、
トップ屋村野善三さん(ミロの父)の物語がとても面白かったので、
この本作であんなことになってしまってとてもかなしかった。

生理痛で作文調になってます、すんません。
[PR]
by chocciu | 2006-04-21 00:49 | 読書


憂鬱だ。

私は明日都内某ホテルで行われる
某医院の院長と
某弁護士事務所の弁護士さんの対談を
記録するために
スーツ着て
ホテルに
いくのです。
ああいやだいやだ。

今日蒸し暑かったし、
明日20度ってうわさですよね。
あああ
暑い中スーツ着てパンプスして
おやじにニコニコして。
週末も取材で似たようなことをします。
いーやーだーーー

ああ早く連休になれ。


♪ところで♪
今日帰ったら
ドアノブにデパートで買った「粗品」チックなものが
ぶら下がっていた。
隣の家の人の名前が熨斗紙にあったけど
隣は留守だった。
どう解釈したら。。
引越されたのかな?
中身はティッシュペーパーの箱にかぶせるカバーでした。
こっちからご挨拶に伺うべきかしら。
もう引っ越したあとなのかしら。
むう。
[PR]
by chocciu | 2006-04-13 00:37 | 仕事


胸が痛い

冗談抜きで、右胸とのどの間あたりが痛みます。
2週間ぐらい前から。
乳がんでしょうか、でもしこりはないようですが。
嫌なことが多くて体が悲鳴を上げているのでしょうか。
いやなことばかりでもないのですが。

やだけど、近々婦人科か外科?(どっちがいいのかな)
マジで行ってみることにします。

ああ、死ぬのかしら。
[PR]
by chocciu | 2006-04-11 22:39 | 独身女


タマゴン

が帰ってきません。
今日は2時半過ぎになるそうです。

平均的には1時半とかに帰ってきて、
ご飯食べて風呂入って寝て6時半には出て行きます。
土日も働きます。
過労を目撃しながら何もできない自分を
どうしていいかわからぬ。
[PR]
by chocciu | 2006-04-07 00:25 | 独身女

    

33歳女、編集業者による日記です.
by chocciu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
34歳、女、旦那と2人暮らし、神奈川県在住、仕事は編集、夢は印税生活。

スキ:散歩、漫画だらだら読み、カウリスマキ、是枝裕和、高村薫、西原理恵子、国内ぶらり旅、鶴見川チャリ。

キライ:ほうれん草のごまあえ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧