鶴見川日記


カテゴリ:仕事( 8 )



徒労感

1ヶ月ぶりに書くのがこんなんでなんなんですが。

なんであいつ働かないんだろう。
なんであんな奴がのうのうと正社員で働いてるんだろう。

・・・と、10分ほどしばし放心、考える。

・・・こんなことを考えてしまうのは、自分の仕事に集中してない証拠なんでしょうか。
つまらない男に振り回されてる、自分もつまんない女でしょうか。

集中はしてるんですが。
誰も助けてくんないし、分刻みで働いてはいるのですが。
来客応対とか、備品準備とか、電話応対とか、こまいことも、やってくんない男がいるから、やってはいるのですが。

あーーー
ムカつく。

それぐらいやってくださいよ、と言えなかった自分にもムカつく。

あーー。
でも、やっぱあたし悪くないや。
同僚にそんな思いをさせて平然としている、想像力の皆無な人間なんて、相手にする時間もったいなし。
同じ部屋の空気を吸うのもムカつく。


と、
ここでクソミソに書いてすっきりするかと思ったらちっともだよ。

そして私は帰宅後2時間、洗濯やら何やらで座ってない。
あーー。
[PR]
by chocciu | 2007-04-27 00:18 | 仕事


机きれいにしてますか。

今日職場に来た人に、
あんたの机は汚くてマスコミ向けだといわれた。
ううう。

片付けられない編集長の次に私の机は汚い。
パソコンの周りと机の上に、付箋やメモを貼り過ぎて
もはや付箋の意味がない。
(急な電話とかでいざ目にしたくてももーどこに書いといたかわかんなくなってる)

鉛筆や定規も次々出してしまわないから、いつもいつのまに机上に鉛筆がゴロゴロ。
書類が机上に乗り切れないから、引き出しを何個か出してその上に置いてる。
バックナンバーも1,2,3月号~と順番に並べてるのに、
いざ2005年4月号が必要になったときになぜかない。

ついでに言えば、
扱うこまい原稿が多く、誰に何の電話かけたかわかんなくなっちゃうので、
エクセルで
「日付 名前 用件 経過  備考 処理済み(未処理)」
みたいな表を作って、折り返し電話待ち中とかだと文字の色を変えたり
してるんだけど、ややこしい問い合わせの電話取っちゃったり(「地雷」と呼んでいる)、
急な来客が来たり、突発的用事頼まれたりなんだりしちゃうと
色変えるの忘れちゃうので、あまり進行表の役割を果たさず。
結局紙に書いてやっぱりフセン→フセンますます増えてる。

処理できなくてそのままつんである投稿の封筒とか
切り抜き記事の合間を縫って、
なんかもう手放せなくなったハンドクリームとかペットボトルがあったり。

なんかこう・・・
机上もスタイリッシュにすれば雑然な気分も変わるのか?
「片付けられない女たち」とか
「超整理術」とか
読んでみようか。

しかし、私なんかぜんぜんかわいいもんで、
前いた新聞社の編集局では、記者さんたちの机は、ノートパソコンの上の部分だけかろうじて
空間が開いていて、あとはコの字型に書類やら何やらがつんであって、
それを向かいや横の机同士で支えあっているという状態でした。
中に何か新生物でも飼ってそうな山ができていた。
電話取り次ぎたくても、壁できちゃってているのかいないのかわかんないから
とりあえず名前呼んだりして。
原稿雪崩のときはちょい地響きが。
床もその状態(座るとこ以外は全部本や資料積んでる)の部長の机で
原稿雪崩がおきて、脱出を手伝ったこともありました。
合間を縫っておいてあるのは、「しじみエキス」とか、ビニール人形とか
みょーなもんばっかりで。

なんか気取った派遣社員の子が
「あたし、仕事できる人は、机も片付いてると思う」
とか言ってて、私はそーは思わないんだけど、
確かにずっと積んであるものは結局使わないんだよなー。
あ 家の片付けと同じだ。
あー。
[PR]
by chocciu | 2006-11-07 00:50 | 仕事


入浴タイム

入浴時ぐらい、好きな入浴剤でも入れて、
マンガでも読んで、
リラックスしたいものです。

が、昨今は
「上司と掛け合おう 明日こそ なんて言おう 事前に整理しとこう」
なんて、会社のやなとことか、
言い方とか考えちゃったりしちゃって、
頭にきたシーンとか回想しちゃったりなんかして、
自分にも頭きちゃったりして、

ぜんぜんリラックスタイムでない。
いかん。

アカと一緒に流しちゃいたいもんだ。
[PR]
by chocciu | 2006-11-01 00:56 | 仕事


根回しで頑張る働きマンはえらい。

土日、
本当に本当ーーに憂鬱な出張に出かけた。

「会社辞めたい」とか、
「今扱ってる媒体に興味ない」というか積極的に興味なくしたいっつーか、
「編集長大嫌い」とか、、、
そういう、「会社」あるいは「新卒入社以来10年経つのに
いつでもどこでもうまく働けないもどかしい自分」に対する負の感情が、
出かける一週間前ぐらいからずーーっと抜けず、
結局抜けぬまま新幹線に飛び乗る。
足取りは重いっつーのに、速いんだよ新幹線。
こだまにすりゃよかったよ。

しかし、先方では決してそんなそぶりを見せてはならぬ。
先方の方々は私よりずっと年上のおじさまたちで、かつそれなりに名や財を成して
こられた方々なので、挨拶でも失礼があってはならない。
ニコニコ、笑顔で名刺交換。
目上から目下に寄って来て挨拶、というのはありえないので、
向こうも声をかけられるのを待っている。
ので、私が動かなくてはならない。
かといって、むやみに声をかけるのではなく、
こっちなんか目もくれないで、もっと名刺交換しがいがある
同年代のオヤジさんたちと喋りあってたりするので、
合間のうまいタイミングで
「失礼します ご挨拶だけさせてください」
とかなんとか言って割り込む。

このタイミングを計るのが、けっこうしんどいんだわ。
かつ、ああ小娘が頑張ってるねえ的な態度をとるオヤジもまだまだ多いのだが
(33ですが彼らからみたら小娘なのであろう)
なんか、いちいち萎えてても仕方ないのでとにかく笑顔で。
編集長からもそう言われている。
とにかく愛嬌振りまけと。
愛嬌=人口笑顔
あたしの苦手かつ嫌いな分野だ。
笑顔は、振りまきたい人にだけしか振りまかんよ。
コンパニオンじゃないんだし。

新卒で入った会社では、私は書店の営業をしていた。
店長や担当者が接客したり、棚の整理したり、休憩したり、
そういうのを棚の影から見守って、やはりタイミングを計って声をかけ、
笑顔であいさつ。

相手は当たり前だが人間で、
前回は機嫌が良くても今回は不機嫌だったり、
罵倒されるのが分かってる人もいたり、
そういう人間を前に、物陰から勇気を出してえいやっと声をかける。

当たり前だがこっちも人間で、
「こんな仕事やってられるか」と思ったり、
「こんな新刊作ってどーすんだよ。売れるかよ」と編集部に憤ったり、
生理痛絶好調だったり、
いろいろある。
けど、そんなの理由にならない。
そういうのを乗り越えて、というか、「乗り越えるもの」とも感じないで、
なんか頑張れちゃってる同僚や先輩もいたし。

でも、やっぱり私は苦手なんだなあ。
顔を覚えてもらって、通い詰めて、先方に名を覚えてもらって、
だんだん心を開いてもらって、仕事の話もできるようになって、、って
プロセスに魅力を感じないのですよ。(あーあ)
苦手なのに、なんでいまだに、そのジャンルで何かを乗り越えようと
しているのかなあ。
登る山間違えてることに気付いた33歳ってどーよ。

「タイミングを見計らって声をかけて、顔覚えてもらって、話聞き出して」
の最たるものって、新聞記者とか、マスコミの人かなあ。
ドキュメンタリー作ったり書いたりしてる人とか、
プレゼン通したい人とか、根回ししたい人とか、
いわゆる「接待」するような人たちも、そうなんだろうなあ。
世の中、たくさんいるよなあ。
向いてる人もいるだろうけど、向いてなくても
「家族のため」とかで頑張らざるを得ない人、たくさんいるんだろう。

自分にはできないなあ。
えらいなあ。
[PR]
by chocciu | 2006-10-31 00:36 | 仕事


憂鬱だ。

私は明日都内某ホテルで行われる
某医院の院長と
某弁護士事務所の弁護士さんの対談を
記録するために
スーツ着て
ホテルに
いくのです。
ああいやだいやだ。

今日蒸し暑かったし、
明日20度ってうわさですよね。
あああ
暑い中スーツ着てパンプスして
おやじにニコニコして。
週末も取材で似たようなことをします。
いーやーだーーー

ああ早く連休になれ。


♪ところで♪
今日帰ったら
ドアノブにデパートで買った「粗品」チックなものが
ぶら下がっていた。
隣の家の人の名前が熨斗紙にあったけど
隣は留守だった。
どう解釈したら。。
引越されたのかな?
中身はティッシュペーパーの箱にかぶせるカバーでした。
こっちからご挨拶に伺うべきかしら。
もう引っ越したあとなのかしら。
むう。
[PR]
by chocciu | 2006-04-13 00:37 | 仕事


ここ数年来の落ち込み。

ここ数ヶ月、いろいろ私なりに心を痛めながらいろいろ教えていた後輩に
後ろ足で砂をかけられるような辞め方をされ、
上司は私をさんざん振り回しておきながら一言の説明もなく、
あれだけ意見を言えというから何か変わるかと一縷の望みを持って
意見しても何も変わることなく、
残ったのは疲れた己の身ひとつ。

今に始まったことじゃない。
私はいつも
「まあ会社ってこんなものだからね 生活のためだから」

「それにしても限度ってものがある」

「社長話があります」

「やめます」
のルートを辿る。2~3年周期で。
いつもいつも、無能な上司に忍耐を強いられ、
ある日突然バカバカしくなって辞めちゃうの。

「私の理想の相手はこの人じゃない!」
とか言って、白馬の王子を求めて次々男を替える女の人いるでしょ。
あと、理想の医者を求めてドクター・ショッピングする患者さんもいるでしょ。
私、たぶんその会社版。
こうなると、私の側に問題があるように思える。

ひとつ、言語化するのが怖く、しかし認めざるを得ない事実があり、
そのことで私は最近かなり落ち込んでいる。

要するに、私は未だに何一つ築く、あるいは築く努力をしたことがない。
いつもいつも、他人の作った箱に入って、「従順に働く姿」を見せることで理論武装して、
文句を言うだけなのだ。

会社だけでなく、対人関係もそうだ。
「タマゴンのためにご飯作って待ってたのに!」
この言い方は、結局は
「貴方に献身したのに貴方は反応してくれない」
と非難し自分の犠牲と献身ぶりを愛でる、偏った自己愛なのだ。

本当に何かを成し遂げたいと思っている人は、
他人の文句を言う暇もないはずだ。
ご飯作って待って、文句の言葉を考える暇もないはずだ。

32歳。
ため息をつくのが趣味みたいな疲れた女にはなりたくない。
[PR]
by chocciu | 2006-03-29 23:49 | 仕事


偏見ですけど。

経理のおばさんはおっかない。
経理のおばさんはいつもけんか腰。
なんでだろう。
何が彼女の怒りのつぼを押すのだろう。
私悪いことなんもしてないのに。

経理の仕事って、人格にどういう影響を及ぼすお仕事なんですか。
経理の人、教えてください。
経理の知り合いいないもんで。

はー
[PR]
by chocciu | 2005-12-02 00:28 | 仕事


面接

今日新人面接で男の人が二人きた。
私はなんとなくご案内係。
どっち選ぶかったら絶対こっちだよな、と思ってた人じゃない人が採用になったようだ。
上の者共の見識を疑う。。。
って面接内容聞いてないから分からんけどさ。
第一印象ってわりかし大事だと思うんだけどな。

・・・という話を同居人タマゴンにしたら、
「そんなに自己否定しないで あんたも1年前そうやって採用されたんでしょ」
とやさしく慰めてくれた。
[PR]
by chocciu | 2005-11-23 01:42 | 仕事

    

33歳女、編集業者による日記です.
by chocciu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
34歳、女、旦那と2人暮らし、神奈川県在住、仕事は編集、夢は印税生活。

スキ:散歩、漫画だらだら読み、カウリスマキ、是枝裕和、高村薫、西原理恵子、国内ぶらり旅、鶴見川チャリ。

キライ:ほうれん草のごまあえ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧