鶴見川日記


2006年 02月 28日 ( 1 )



●「震度0」(横山秀夫著、2005年、朝日新聞社)●

震度0
横山 秀夫 / 朝日新聞社
満足度:★★★


ここんとこ、『新リア王』かかりきりでしばらく他の本が読めそうにないので、以前読んだものの中から紹介。

横山秀夫は『クライマーズ・ハイ』『半落ち』以来。男って本当に新聞記者とか、刑事の出世争いの話が好きだよなー。これもそのツボをつきまくり。キャリアとノンキャリアの確執、所長の保身、等々の内部抗争が延々つづられる。まー楽しめはしたのですが、タイトルにもなっている大震災のエピソードは最後までずっとひっぱられる割には、それほど話とは関係なくてあり?ってな感じ。

男達の妻達もけっこうなキーパーソンとして登場するのだが、彼女たちの描き方がいかにも類型的でちと興ざめ。

いまんとこ、『クライマーズ・ハイ』がいちばん面白かったかな。『半落ち』は本当によーわからんかった。
[PR]
by chocciu | 2006-02-28 00:56 | 読書

    

33歳女、編集業者による日記です.
by chocciu
プロフィール
34歳、女、旦那と2人暮らし、神奈川県在住、仕事は編集、夢は印税生活。

スキ:散歩、漫画だらだら読み、カウリスマキ、是枝裕和、高村薫、西原理恵子、国内ぶらり旅、鶴見川チャリ。

キライ:ほうれん草のごまあえ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧