鶴見川日記


●「東京タワー オカンと僕と、時々、オトン」リリー・フランキー著、扶桑社●

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー / 扶桑社
ISBN : 4594049664
スコア選択: ※※※※

ちょうど読み始めた頃、「100万部達成」のニュースを知った。福岡県は筑豊、小倉で生まれ育つ著者のノスタルジックな自伝なのかなと思って読んでて、実際ノスタルジックなエピソードのオンパレードなのだ。「三丁目の夕日」とかがヒットしてる理由(ちと前「クレヨンしんちゃん モーレツ!オトナ帝国の逆襲」という名作もありましたね)と同じな感じで売れてるのかなー、でもちょっと読みにくいなー、と、速読派の私がちょっと読んではかばんにしまい、またちょっと読んではしまい・・・な感じでえっちらおっちら読んでたのでした。最初は。

息子が親元を離れてから、物語が流れ出す。後半から最後にかけてずっと綴られるオカンのあの話よりも、息子の、オカンに悪いと思いながら、ゆるゆる惰性で流れる日々をすごし、自己嫌悪に陥りながらも何もしない、さらに自己嫌悪。、という日々の描写が身にしみた。

自分が幼い頃、サワガニ採って遊んだこととか、その場所に25年ぶりぐらいに行ってみたら整備された公園になっちゃってたこととか、お母さんが一回だけ私の前で号泣したこととか、そんなことを思いながら読んだ。

大切な人に「ありがとう」とちゃんと口に出して言って、一日一日を大事にしていこう、と思わせる本でした。
[PR]
by chocciu | 2006-01-30 22:20 | 読書

<< サケ      オニババ誕生の瞬間。 >>

33歳女、編集業者による日記です.
by chocciu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
34歳、女、旦那と2人暮らし、神奈川県在住、仕事は編集、夢は印税生活。

スキ:散歩、漫画だらだら読み、カウリスマキ、是枝裕和、高村薫、西原理恵子、国内ぶらり旅、鶴見川チャリ。

キライ:ほうれん草のごまあえ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧