鶴見川日記


●「あの日にドライブ」(荻原浩著、2005年、光文社)●

あの日にドライブ
荻原 浩 / 光文社
満足度: ★★


自分が40過ぎでないから、または、家族を抱える立場じゃないから、
あまり共感できないのかな?

「あのときこうしていれば今頃は~」
とは、多かれ少なかれ、私も考えることはあるけど、
この小説の主人公は最初から最後まで、ずーーっと悶々、考えている。
ねたの割には、長編すぎる気がする。

また、主人公を冷たい目で見ていた家族が
終盤、なんかいい感じに変化するのだが、
え 急に?というか、
理由がよくわからず唐突感。

タクシー業界と銀行業界について知れたのは
面白かったですよ。
(銀行って、、、本当にこんなひどい感じなの?)


同じ著者では、「明日の記憶」「神様からひと言」がよかったです。
[PR]
by chocciu | 2006-08-09 23:07 | 読書

<< 高校野球 早稲田実業が優勝      おおばかゃろぅ >>

33歳女、編集業者による日記です.
by chocciu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
34歳、女、旦那と2人暮らし、神奈川県在住、仕事は編集、夢は印税生活。

スキ:散歩、漫画だらだら読み、カウリスマキ、是枝裕和、高村薫、西原理恵子、国内ぶらり旅、鶴見川チャリ。

キライ:ほうれん草のごまあえ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧