鶴見川日記


●「野ばら」(林真理子著、2004年、文藝春秋)●

野ばら
林 真理子 / 文藝春秋
ISBN : 4163227008
満足度: ★★★


週刊文春連載時にぼちぼち読んでいたのだが、
通しでは読んでなかったので、それで。

女の、「嫉妬」とか「焦燥」とか「傲慢」とか、ダークな心を描かせたら、
私の読書歴のうちでは林真理子さんの右に出るものはいないわけだが、
本作でもそこは絶好調。

元コピーライターの発想力で繰り出される、キメ言葉の使い方も相変わらず。
「女はこういうとき、●●~なものだ。」
と、言い切るのとか。
すごいなー。

ただ、
同じ文春で、林真理子さんは見開き2ページのエッセイを書いているのだが、
それが毎週、けっこうなバブリーな自慢話のオンパレード。
ご本人も、作家は周囲が華やいでいないと書けない、と仰っていたので、
確信的なのだとは思いますが。

で、本作も、タカラジェンヌと歌舞伎の御曹司との恋が描かれるのだけれど、
京都の会員制のお茶屋バーに行ったとか、
着物を買いに行ったとか、
鱧料理とか、
京野菜を使ったイタリアンとか、
比叡山で薪能を見るとか、
そういう設定のオンパレードで、読みながら、なんとなーく
「あーこれも取材して書いたんだな。いーなー」
的な、ダークな心が動いてしまうのだ。

ま、知らない世界を垣間見させてくれるのでいんですが。
「お世話係のファン」とか、宝塚の実態の数々も面白かったです。
[PR]
by chocciu | 2006-07-30 12:18 | 読書

<< ●「ミルキー」(林真理子著、2...      高校野球 夏の甲子園 神奈川県... >>

33歳女、編集業者による日記です.
by chocciu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
34歳、女、旦那と2人暮らし、神奈川県在住、仕事は編集、夢は印税生活。

スキ:散歩、漫画だらだら読み、カウリスマキ、是枝裕和、高村薫、西原理恵子、国内ぶらり旅、鶴見川チャリ。

キライ:ほうれん草のごまあえ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧