鶴見川日記


●「白夜行」東野圭吾著、2002年、集英社●

白夜行
東野 圭吾 / 集英社
ISBN : 4087474399
満足度: ★★★


えーと、面白かったすよ。
飲みのない金曜に家で、明け方までかけて読みつくしてしまいました。

リレー方式で、次々場面と語り手が変わり、長丁場をだれさせず一気に読ませますね。
あとがきで馳星周も書いてたけど、亮司と雪穂の内面を最後まで描写しないの、乙ですね。

高宮誠と雪穂の新婚生活のくだり、誠が亭主関白すぎなのはわざとでしょうか。
「(原文)これだけ待たせて、結局手抜き料理なのかっていってるんだよ」
→先に帰ってるならメシぐらい自分で作れよ!とか、ちと思いましたが。
わざとならいんですけど、ミステリーってよくマッチョ思想が入ってる気がする。
ま、重箱のスミって言われればそうなんですが。

東野圭吾、これでやっと3冊終わりました。
書店ではフェアしまくってますね。
次は何を読もうかな。
[PR]
by chocciu | 2006-03-22 23:23 | 読書

<< 神楽坂でのみ。      イチローは >>

33歳女、編集業者による日記です.
by chocciu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
34歳、女、旦那と2人暮らし、神奈川県在住、仕事は編集、夢は印税生活。

スキ:散歩、漫画だらだら読み、カウリスマキ、是枝裕和、高村薫、西原理恵子、国内ぶらり旅、鶴見川チャリ。

キライ:ほうれん草のごまあえ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧