鶴見川日記


●「私の男」(桜庭一樹著、2007年、文藝春秋)●

私の男
桜庭 一樹 / / 文藝春秋
ISBN : 4163264302
満足度: ★★★★

昨日発売の週刊文春で阿川佐和子さんとの対談で出てて、
「近親相姦は少女を書いてきた作家の集大成じゃないかと思ったんです」
と発言されており、ああそうかなるほど、と納得。

舞台が北海道なのと、何か欠落した女性が主人公なのとで
桐野夏生の「柔らかな頬」をなんとなく連想させながら読んだ。
足立区の安アパートやオホーツク沿岸の寒い町、奥尻島とか、それぞれの
土地の空気の描写がうまい方だなあと。
「赤朽葉家の伝説」の鳥取もそうだけど、日本の風土性への
着目が優れた人なのかと思った。

すべてを投げ出してまで身をささげたい「年上の」「おとうさんみたいな」男と
いうものに縁がないので感情移入はできませんでしたが
普通に物語にのめりこんで読みました。
[PR]
# by chocciu | 2008-02-15 01:24 | 読書


●「みなさん、さようなら」久保寺健彦著、2007年、幻冬舎●

みなさん、さようなら
久保寺 健彦 / / 幻冬舎
ISBN : 4344014154
満足度: ★★★

第1回パピルス新人賞受賞作。

私は幼少時、当時日本有数の規模といわれた木曽山崎団地の近くで
暮らしていて、クラスの子はみんな団地っ子(私自身はその中に混ぜて
もらってるって感じで、一軒家組だったが)だったので、団地ライフは
かなり身近であった。

当時、団地内の広場は、遊ぶのにも場所取りで大変だった。
が、大人になってから懐かしくなって訪ねてみたら、休日にもかかわらず
外に出て遊んでいる子どもがほとんどいなくて、ああ子どもが減ったのかと
感傷に浸った覚えがある。

そんなわけで、この本で描かれる団地ライフ──コミセンとか、ケーキ屋・
タイジロンヌとか、動物のオブジェの公園とか、団地の雰囲気ってあーそうそう、
そーなんだよと、個人的につぼを押されました。

「団地から一歩も出ない男」の設定だけでなんかもうツカミはOKというか、
面白いのだけれど、その謎が明かされ、かつ小学校の同級生たちが
どんどん団地を去っていく様子など、読み進むにつれ切なさを誘う。

あと、こないだの芥川賞選評で、池澤夏樹さんだったっけか、
最近の小説は男と女が寝そうで寝ない、そんな話ばっかり、みたいな
ことを嘆きがちに仰せられていたが、この小説は逆で、主人公の男は
かなり「オトコ」、マッチョだし、かなりアタマん中は「女とやりたーい」みたいな、
古典的なスケベなんだけどかえってそれが健全な印象。
[PR]
# by chocciu | 2008-02-14 00:40 | 読書


幼稚園から変わりません

今日、生理痛でもあったが、
這ってでも行けと言われれば行けなくもなかった。
今日休むと明日からまたきつくなるから、がんばっちゃったほうがいい。
でも、何かいろいろ嫌になって、会社を休んだ。

私、こういうところ、子供の頃から変わってない気がしてきた。
くじけそうになると、本当にくじけるのです。

もうオトナだから、明日はちゃんと行くけどね
(本当のオトナはまず休まないでしょーけど)
[PR]
# by chocciu | 2008-01-30 23:12 | 編集者


●「りはめより100倍恐ろしい」(木堂椎著、2005年、角川書店)●


りはめより100倍恐ろしい
木堂 椎 / / 角川書店
満足度: ★★



『野生時代』青春文学大賞受賞作で、著者は17歳というのは
本の最後にある情報で事前に知った。
全部ケータイで書いたのだとは後で知った。

『野ブタ。をプロデュース』っぽい、高校生男子の「ノリの会話」の空気を
十分描いていて、ああ十七歳でしか書けないことだな、
今の十七歳は息詰まりそうで大変だな、などなど、また、
自分もバスケ部だったこともあり「荷物を誰が持つか」とか懐かしくも思い、
最初は充実の小説体験をさせていただいていたのだが。

しかし、、、
結末がちょっと、救いようがないというか、
あんなダークにしなくても。

せっかくいじめ(いじり)という問題に、教育評論家でもなく
先生でもない当事者年齢の作家が書いているのだから、
小説の主人公と同じように窒息しそうな同世代に向けて
希望を持たせる終わり方のがよかったんじゃ。
読後感がよくなかった。

その渦中にいる当事者はともかく、
手を入れる編集者が、どーにか意見することはなかったのかな。
[PR]
# by chocciu | 2008-01-29 23:50


Japanese Soul 相撲!

昨日はタマゴンと近くの健康ランド、というか、スパで温泉浸かってまったりと。
リラクゼーションルームで「朝青龍VS白鵬)を観た。

このルームでは、飛行機のシートみたいに一人ひとりリクライニングで座れて
テレビがついている。寝てる親父もいたが、五時が近づくにつれて着席率と
NHK視聴率がどんどん上がる。
肘掛のとこにある電話で「イチゴミルクできないの?」などと無茶な注文をする
おじさんもいて盛り上がってまいります(関係ないか)。

さて時間いっぱいで待ったなし。
温泉で循環よくなった血液が騒いじゃいましたよ、
白鵬が寄りきりそうになったときありましたよね、あのとき
座れなかったおばちゃんが後ろから「決めて!」と叫び、
タマゴンが「上手取った 白鵬だ」と叫び、
寝ていた方々も騒ぎに起きる。
白鵬が朝青龍をごろんと倒した瞬間、
「やった!」の声、そして拍手。

三丁目の夕日というか、
力道山の街頭テレビチョップというか、
ちょっとした昭和のあの頃を味わった健康ランドの一日でした。
[PR]
# by chocciu | 2008-01-28 23:38


「サクリファイス」近藤史恵著、2007年、新潮社

サクリファイス
近藤 史恵 / / 新潮社
ISBN : 4103052511
満足度: ★★★★

自転車レース物といえば、以前1000円で観た黒田硫黄原作の
アニメ映画「茄子 アンダルシアの夏」を思い出す。名作だった。

本作も自転車レース物。紳士的なルールがいろいろあるのだなと感心しつつ、
真面目な語り手の主人公と、天才的な実力があるのになんだかすかした同僚の友人、
の図は「一瞬の風になれ」みたいだな、などどと思いながら読み進めた。

スポーツ熱血の世界に浸っていたら、後半ミステリーになるので意外だった。
しかし面白かった。


2日ほど前、大藪春彦賞を受賞していました。
[PR]
# by chocciu | 2008-01-20 23:27 | 読書


「赤朽葉家の伝説」桜庭一樹著、2006年、東京創元社

赤朽葉家の伝説
桜庭 一樹 / / 東京創元社
ISBN : 4488023932
満足度: ★★★★


「私の男」で直木賞候補、桜庭一樹は初めて読んだ。

一読して、ガルシア・マルケス「百年の孤独」みたいだなと思っていたら、
ネットで見つけたどこかのインタビューで、「『百年の孤独』みたいのが
書きたかった」と述べられていたので、なんだかうれしかった。
マコンド村、ブエンディーア一家、神話の世界、、、
確かに鳥取で再現されていましたな。
基本的にこういう年代記は好きなので面白く読んだ。
ちょっと駆け足すぎる気もしたけど。

3代の女の物語で、3人目の現代の娘さんが、
私には先代の2人に比べ語る物語がない、としきりに嘆いていたが、
まだ若いことを抜きにしても、これは現代人というか、小説家など
物語を表現したいと思っている今の人の共通の嘆きでもあるのだろうなあ、と
思ったり。
[PR]
# by chocciu | 2008-01-11 00:19 | 読書


浦和レッズvsACミラン

大学通学時、ちょうど日産スタジアム(横浜国際競技場)を建設中だった。
私は電車の中から見える、徐々に形作られていくそのスタジアムを見るのが好きで、近くに越した今でもチャリでたまに散歩がてら、周辺を廻ったり写真を撮ったりしている。
杮落としの日韓戦のときもうろついてたし、あの2002W杯決勝のときも、日系ブラジル人が新横浜と小机を埋め尽くす宴も見た。
チケットを持っていなくても、スタジアムの熱気を味わうのが、どうやら私は好きなようだ。

今日FIFAトヨタ・クラブワールドカップが横浜の日産スタジアムであった。
近くなので、野次馬根性で会社帰りに、雰囲気だけ味わいにと軽い気持ちで、東横線で菊名まで行ってみたのだが。。。

もともと、8万人収容のスタジアムに新横浜・小机の2駅で、しかも本数の少ない横浜線で運ぶには無理があると常々思っているのだが、菊名の時点でもうホームからの階段を上れない状態。
こりゃやっぱやめよう、家で観ようと思ったが後の祭り。
前も後ろもィーアーレッズな方々。
後ろで「押すんじゃねえよ!」等々の小競り合いもできていて、とても一人Uターンできる雰囲気ではない。
野次馬な私はともかく、現時点で7時過ぎ、試合開始は7時半。新横浜からも結構歩くし、チケットを持つ方々が殺気立つのも仕方ないが、横浜線が菊名に入線してくる時点で、すでに横浜からの客で満員気味。
乗り切れず、身動きできずな状態で、絶叫する駅員、「なんかサッカーの試合で帰れねえんだよ!俺試合なんか見ねえからよ!」とキレ気味に携帯で友人に訴える帰宅途中の学生君、、まさに阿鼻叫喚。
よく見るとレッズファンのみならずミランファンも。。。
それにしても今日はrosso nero、チームカラーがかぶったね。

雰囲気を味わうのは決勝か3位決定戦で、チャリで行こうと決めて帰った。

そして試合、ミランに浦和が挑むなぞ夢のようだが、今の日本サッカーで一番強いレッズが全力であのミランに挑みもしや一矢報いるのではとも思わせる全力投球ぶりでまさに熱戦、大変面白く観させていただいた。
しかし、やはりミランは強く美しいなあ。
[PR]
# by chocciu | 2007-12-14 00:09 | 散歩


伊藤理佐結婚!

おいピータン!はじめ、りさタンの本は好きでよく読んできましたが。。。
そして、木曜朝のささやかな楽しみは、電車の中で
週刊文春を読むことなのですが。。。

「おんなの窓」を見て、ひさかたぶりに
「たまげた」という感情をもった。

吉田戦車と結婚

会社で誰にもこの衝撃を語れなかったのがつらかった。


(旅日記続きじゃなくこんなポツリですいません)
[PR]
# by chocciu | 2007-09-20 23:49 | 読書


九州沖縄旅行に行ってきたよ。①

2007年8月23(木)~29日(水)の日程で、タマゴンと新婚旅行に行く。
本当は、オシャレにNY行ってヤンキース松井観戦ツアーでキメ!の予定だったのだが、私の職場での、思い出したくない争いなどがあり、いろいろあって変更に。ディスカバー・ジャパン!よろしく、九州・沖縄で決めてみました。
以下、その記録。

前夜 22日(水)
タマゴンはちょうど転職前の有給消化で休み、私の仕事帰りに駅で待ち合わせ夕飯。
生ごみを出さないために、揚州商人でタマゴンと待ち合わせチャーハンと坦々麺ディナー。
一気に荷物詰め作業……のはずが、手間取る。
軽装旅行は得意なはずが、夏だと汗かくから意外と服がかさばる。
途中で洗濯するか。
明日5時半起きられるのか、、、慌しさのなかタマゴンに目を向けると、
相変わらずマイペース、かばんいっこだけ持って、つっかけゲタで行くという。

23日(木)
6時半ごろ最寄のバス停から川崎駅行きに乗る。
今まで知らなかったが、こんな早朝でも通勤のおじさんたちでごった返していた。
工場勤務って朝早いんだなあ。
川崎から羽田、予定通り10:30頃福岡空港着。

ところで、2人以上で旅すると、どうしても時刻表調べたり、ホテルやレンタカー予約したり、どこで何するか決める、ツアーコーディネート役になる人っていますよね。私それなんです。
しかも、女同士の旅行だったら「あ じゃあ私夜の居酒屋探しとか、こまごましたことやるね」とか気を遣ってくれるのに、今回の同行者タマゴンは、「人に聞くか歩いて探せばいい」が信条の現地行動派なので、前日までまったく何もしない。むしろ勝手に私を「事前調べ派」にして、揶揄するような目で見るのでアタマきてしばし衝突。(私だって思うよ、何も持たず、決めず、ぶらりな旅のほうがかっこいいに決まってるよ。だけど、バックパッカーみたいな時間ある旅じゃないんだから、まったく無の状態で行くわけにはいかないでしょうが 泊まるとことかも決めなきゃだし事前予約のが安いし)

で、私もスケジューリングは苦手ではないのでそれはいいんだけど、今回はたと気付いたのが、私自身が九州旅行初めてなので、距離がまったくつかめない。。。
(去年、宮崎に行ったのが初九州だけど仕事だったし、その後由布院で親と一泊し、まあそれが初といえなくもないが、いわゆる周遊旅行は初)
福岡から長崎ってどれくらい?福岡でラーメンの一杯でも食してから向かっても午後十分観光できんの?佐世保や久留米ぐらい寄れるの?遠ければむしろ福岡じゃなくて長崎空港降りて長崎でゆっくりした方がいいの?・・・
等々、まず第一日目からつまづく。得意な東北だと、仙台─盛岡がこれぐらい、花巻寄ってこれぐらい、宮古まで出るならこれぐらい、と検討がつくのだが。

で、結局割り出したのが
1日目 福岡空港着→佐世保(佐世保バーガー食べる タマゴン希望)→長崎観光して泊
2日目 長崎観光継続→島原半島に移動し船で熊本へ→熊本泊
3日目 レンタカーで阿蘇山縦断ドライブ→黒川温泉近くの小田(おた)温泉泊
4日目 電車で大分→宮崎、宮崎の友人夫婦宅に泊めてもらう
5日目 宮崎から鹿児島に移動し飛行機で沖縄へ 那覇泊
6日目 ひたすら沖縄 那覇泊
7日目 ひたすら沖縄 20:30那覇発で帰路

これが不評。。。九州を知る友人知人には
「詰め込みすぎ」
「もっとゆっくりすればいいのに」
「私なら宮崎を外す」(当の宮崎友人談)

そうだったのか…。でも結果的には、あきれるほど電車乗ってその中で本とか読めて、きれいな景色を眺めながらぼーっとできたよ。
まあ後半はさすがに疲れたりもしたので、ゆっくりな旅行はまたの機会にということで。

前置きが長くなりましたが、AM10時半福岡着。
JR窓口でお得乗車券買って、村上龍の故郷と佐世保バーガー目当てにいざ佐世保…
のつもりだったのですが。
急遽ここで、変更とあいなりました。

今日は23日。前日の22日に甲子園球場で何があったか…。

そう、佐賀北高校が、夏の高校野球全国大会優勝を成し遂げ、今日母校に凱旋するというのです。
小中高大学と球児で松井秀喜のファン、石川県根上町の松井の実家から星陵高校の練習風景まで見に行ったタマゴンとその妻としては、通りすがるわけには行きませんでしょう?(でしょう?言われても)

というわけで、本日は「優勝に沸き立つ佐賀市民体感ツアー」に変更。
実際帰ってくるのは夜らしいので凱旋まではいられないけど、雰囲気を味わいにいざ佐賀へ。
佐賀駅で降りたのは地元民ほかカメラマンぽい方々がちらほら、そしてわざわざ野次馬で学校を観にいくような酔狂な部外者は私たちだけである。
どうせ市内は「がばい」「すごか」「さわやかナイン」「おめでとう」等々な文字が躍っているのだろうと思っていたら…

踊っていた。
f0004214_2212022.jpg

沸き立ってる。
f0004214_22254650.jpg

沸き立ってるよ!

ラジオで「すごか」トークがあちこちで流れるほか、おっちゃんたちが「昨日の馬場の打ち方は…」等々、道端で談義しているのを見るものの、「すごか!ビバ優勝!」なんつって、人々が町に繰り出して沸き立ってるわけではない。この日も酷暑、平日の昼下がりだし、まあ当然か。
ただ、タクシーの運ちゃんによれば、学校周辺の道路はいつもより渋滞している(そうは見えなかったが)、みんな車で学校観に来てて混んじゃってる、とのこと。
腹ごしらえに入ったお好み焼きやさんのおばちゃんも、えらいこときれいな県立図書館内の喫茶店の人々も、なんとなく沸き立っている。ナイン凱旋前の嵐の静けさというか。。。

(ちなみに、たまたま入ったこのお好み焼きやさん、焼きそばをソースでなく、酢醤油につけていただく。佐賀の食べ方なのかと思ったら、店オリジナルとのこと。体にもいいらしく、今も忘れられない味。美味しかったよ!)
http://www.saga-town.com/mypage/sx012192/

さて、駅から歩いて20分ほどで学校に着く。校庭は広いなあと思うものの、いたって普通の公立校。
f0004214_22154281.jpg


墨で書いた「おめでとう 全国優勝」の文字がえらく上手いと思ったら、佐賀北高校は書道の全国大会で12年連続優勝とのこと。生徒さんが書いたのか。かっこいい。。。
運ちゃんによると、佐賀北高校は昔佐賀高校だったのが、文系の佐賀北と理系のもう一個の佐賀なんとか高校に分かれたとのこと。ナインの何人かは、離れた町から1時間ぐらいかけて通ってくる進学校だそうだ。

校門前に地元やPTAの方々がちらほら集まり、テレビ局の車が数台止まりセッティング準備。
f0004214_2216594.jpg

クルーの一人にタマゴンが突撃取材、それによるとナインは4時福岡駅入りだが30分ぐらいもみくちゃになり、それからバスだから5時過ぎになるだろうとのこと。
f0004214_22175754.jpg

観れないけどまーしゃーないっか・・・と、適当に校内入り口付近をふらふらして帰ろうとしていたら、「いかにもテレビディレクター」なロマンスグレーのおじさんが、「どこから来たんですか?」と声をかけてきた。横浜からだと言うと、「ちょうどいい 良かったら、次の中継のときに『ナイン凱旋を見に集まった人々』として映ってくれないか、まだ今それほど集まってないからいてくれると助かる」という。快諾し、次の中継は3時で、2時50分ごろにここで落ち合うと約束し別れた。

少し歩いて戻り、えらいこときれいな佐賀県立図書館内の喫茶店内でしばしスタンバイ。私は「どこから来ましたか?」とコメントを求められるもんだと思っていて、「横浜から 新婚旅行で来ました」ととてもおいしいコメント(でもほんとだもん)を用意し化粧直し(タマゴンは白い目・・・)。タクシーを捕まえ学校に戻る。運ちゃんは事情を聞いてうれしそう、「テレビ出るなら関係者だから、校舎内入って停めていいんだよね!」と盛り上がってくれる。
(さっきから運ちゃん運ちゃん、と話を引用してたのはこのおじさんで、とても博識な初老のいい方でした)

ところが、テレビのおじさんはもう、テレビ中継は次々事情が変わるんだよーってことなのか、もういなかった。3時のニュースは、地元のテレビアナウンサーが、サッカー部員などを集めて「母校も盛り上がってます」な演出で中継していた。
f0004214_22182460.jpg

なーんだしょうがねーな、と私たちは、PTAや中継なども増えてさっきより慌しくなってきた学校を後にしたのだが、校門で待っててくれた運ちゃんのほうが
「いなかった?玄関の奥っかわまで行ってみた?」とあきらめ切れなさそうだった。

佐賀は地味で、特に鍋島藩のあったこの辺りは忍耐強く、みんなコツコツ地道に練習してきたのが報われたのが昨日だったんだろう、という話。
知事は中央から来た秀才型で、ゼネコンのことしか頭にない、決勝戦の昨日も甲子園に行かず、ゼネコン系の会合に出ていた話。

ここで生まれ育ち、毎日毎日客を乗せ続けて何年なのだろう。地元の高校が全国優勝したという特別な日、その日乗せた客との話はきっと印象に残っていてくれるだろう。私たちも、地元の方のハレの気分、素敵な一日を分けていただいたことを忘れないだろう。

再び特急で一路長崎へ。
(続く)

ところで、タマゴンと
「九州に入って初めて『九州らしさ』を感じるものって何だろう」と話していたのだが、
福岡発の特急から見えた、麻生太郎氏んとこの麻生グループ経営の「麻生塾」でありました。。。(こっちにはないもんで)
[PR]
# by chocciu | 2007-09-17 22:24 | 旅行

    

33歳女、編集業者による日記です.
by chocciu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
34歳、女、旦那と2人暮らし、神奈川県在住、仕事は編集、夢は印税生活。

スキ:散歩、漫画だらだら読み、カウリスマキ、是枝裕和、高村薫、西原理恵子、国内ぶらり旅、鶴見川チャリ。

キライ:ほうれん草のごまあえ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧